ロレックスなど高級腕時計はオーバーホールで復活|宝石も綺麗にし隊

時計のメンテンナス

四角い腕時計

高級時計であり、成功者のステータスでもある時計として知られているのがロレックスです。ロレックスを購入した場合は、定期的にオーバーホルを行なうようにしましょう。オーバーホールとは、部品単位まで一度分解して、パーツを清掃してから再度組み立てるという作業のことです。調整を行いながら組み立てることによって、新品当時の性能に戻すことが出来ます。見た目には変化が無いからといってオーバーホールを怠っていると、大切なロレックスの寿命を縮める事になってしまいます。見た目には影響が無くても、時間が立つに連れてロレックス内部の油は汚れて粘りが出たり、揮発したりしてしまいます。長年オーバーホールを怠っていると、消耗したパーツの交換が必要になってしまい料金が高くついてしまいます。3年から4年に一度はロレックスをオーバーホールするようにしましょう。
近年はインターネットなどでロレックスのオーバーホールのやり方などを紹介しているサイトなどもあります。中にはそのようなサイトを見ながら自力でオーバーホールを行おうとする方もいます。しかし、ロレックスは非常に精密にできているので、素人が下手に手を出すと取り返しのつかない故障に発展してしまうことがあります。ロレックスの正規店か、オーバーホールを行なっている専門の業者に依頼するようにしましょう。地元にある時計店などでロレックスのオーバーホールを行なう方もいますが、ロレックスの純正部品は非常に入手が困難なので社外のパーツを流用されることもあります。そのようなリスクのない専門のオーバーホール業者に相談してメンテンナスを行いましょう。